北欧のいいもの

【情報求む】フィンランドで出会った「ブタに乗った子どもたち」の正体を知りたい

こんにちは、エナガサトミ(@enagasatomi)です。

3年ほど前に1人旅でフィンランドに行きました。
[box class=”box29″ title=”あわせて読みたい”]女子が海外一人旅に行くならフィンランドをおすすめする3つの理由[/box]

フィンランドでしか出会えない掘り出し物に出会うため、わたしはヘルシンキのマーケット(蚤の市)をはしごしていたときに、とあるおもちゃ(フィギュア?)に出会いました。

今回はその子たちの正体が知りたくて記事を書きます。
きっと探偵ナイトスクープに依頼しても採用してもらえないので、インターネットの力を借ります。

わたしが正体を知りたいのは、この子たちです。

ブタ

ヘルシンキのマーケットで出会った「豚に乗った子どもたち」

2015年、ヘルシンキ一人旅。

5月なのに気温は低く、時折雪がちらつくヘルシンキで、わたしは掘り出し物を探していました。

「仕事を辞めたらバイヤーもいいなあ。」

なんて呑気なことを考えながら、蚤の市で商品を物色していると・・・

目に入ったのはムーミンのお菓子の缶。
かわいいなあと手に取ります。

カラカラ・・・

ん?何か入っている。

パカっと缶を開けてみる。

フィンランド

何か、いた。

無駄なものは買わない。そう決めていたのに、お店を出していたおばあちゃんに「ハウマッチ?」と確認する。

あれ?

おばあちゃんも「なんだこれ?」みたいな顔してるッッッ!!

結局ムーミンの缶とセットで1ユーロで購入しました。

全体を見てみましょう

初めて見るビジュアルです。

笑顔のブタに瓜二つの子どもたちが乗っています。
被っているのは赤いニット帽?クリスマス?
ヘルシンキ

後ろ姿。
服の色からして男の子と女の子かな?金髪です。

helsinki

正面。
ブタの耳が折りたたまれています。

marimekko

後ろ。
お尻がかわいい。

マリメッコ

中身。空っぽです。

ittala

大きさは6cmくらい。
ちょっと目が怖い。

フィンランドに詳しい方、何か分かればTwitterへ連絡ください

これはただのおもちゃなのか?

だとしたらコンセプトは何なのか?

もしくは企業の販促品?

そもそもフィンランドのものではない?

「これ見たことある!」
「わたし同じもの持ってます!」

など何でもいいので情報があったら教えてくだい・・・!
気になるよ!

<一歩先の上質なライフスタイル情報 Sheage-シェアージュ

「私らしく、もっと輝く」をテーマに生まれたライフスタイルマガジンです。
いつも輝き続けたいあなたへ、一歩先の上質な日々を叶える情報を毎日お届けします。
Sheageで、暮らしのベーシック(基本)を集めよう。

\無料でインストール/

一歩先の上質なライフスタイル情報 Sheage-シェアージュ

一歩先の上質なライフスタイル情報 Sheage-シェアージュ

Tokyu Fudosan Holdings Corporation無料posted withアプリーチ

それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした。

ABOUT ME
エナガサトミ
エナガサトミ
長距離通勤・変則勤務で体調を崩しフリーランスに転向。働きすぎる夫と二人暮らし。家族みんながしあわせに生きていくのが目標。 ▶︎エナガサトミの詳しいプロフィール ▶︎Amazon欲しいものリスト