バーミキュラ愛用者の正直レビュー・デメリット

こんな世界があったのか! インスタでマタニティアカウントを作る3つのメリット

念願の妊娠発覚、驚きと喜びに心が震えて、この気持ちをどこにぶつけたらいいか困ってしまうことはありませんか?

わたしも妊娠初期のころ、家族にしか言えず嬉しさと不安を誰かと共有したいと思ったものです。

そんな中、わたしが行ったのはInstagramの新規アカウント開設

プライベート、ブログ用の他にもう1つ新しいアカウントを作りました。

この記事では、インスタでマタニティアカウントを作る3つのメリットをお伝えします。

今の気持ちを誰かと共有したい妊婦さん、ぜひ読んでみてください。

インスタでマタニティアカウントを作る3つのメリット

わたしは妊娠発覚直後に、インスタで匿名のマタニティアカウントを作りました。

実は不妊治療中も匿名アカウントを作っていたのですが、なかなかそこには妊娠中のことを書けません。なので新しく作ったのですが、インスタを使い続けて気づいた3つのいいことがあります。

出産予定日の近い人と情報交換ができる

インスタでおなじみの『タグ検索』機能。

ここで自分の赤ちゃんの週数を打ち込みます。例えば『7週3日』なら『#7w3d』。検索結果を新しい投稿順に見れば、出産予定日の近い人が出てきます。

インスタで鍵なしで発信している人の多くは、きっと同じように妊婦さんと繋がりたいと思っているはずです。なかなか現実社会で同じくらいの週数の人と出会うのは難しいのでフォローしてみましょう。

他にも『#妊婦さんと繋がりたい』など色々なタグで検索してみると、週数や年齢の近い人が見つかるはずです。

喜び、悩み、不安な気持ちを共有できる

妊娠中の生活は、体の変化が大きく不安になることが多いですよね。反対にお腹の中の我が子の成長を喜ぶ・・・そんな時に誰かと気持ちを共有したい。

インスタでマタニティアカウントを作れば、同じ妊婦さんと仲良くなれてお互いの想いを共有できます。

家族以外に話せる相手がいるって本当に心強いんです。不安な気持ちもインスタに書き込めば、きっと誰かが相談に乗ってくれるでしょう。

お得な情報をゲットできる

インスタでマタニティアカウントのタイムラインを見ていると、

  • このお店がベビー服のセールをしているよ
  • この雑誌の付録がかわいくて便利!

など、マタニティライフに役立つ情報が飛び交っています。

プライベートアカウントだけでは入ってこない情報も多く、シェアしてくれる人も多いので助かっています。

Instagramのマタニティアカウントは妊娠中の心を支えてくれる存在

妊娠記録アプリの画像を載せたり、近い週数の人にコメントしたり・・・

今のところ、楽しくインスタを活用できています。

注意しなくてはいけないのは、『人は人、自分は自分』ということです。これからもインスタを続けていく上で、子どものこと・自分のことで他人と比べてしまうことがあると思います。

そんな時に、「この人はこうやってるんだ〜」と割り切ることが大切です。

人と比べて落ち込んでいては、逆効果になってしまいます。

ちょっと疲れたな、何か違うな、と思ったら退会しちゃえばいいんです。匿名だし、軽い気持ちで活用しちゃいましょう。

このブログでは、妊娠中のあれこれを書いています。関連記事もぜひ読んでみてください。

関連記事

あなたが健やかなマタニティライフを送れますように。それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした。

お家でニューボーンフォトを撮りたいあなたに

愛知の片田舎でニューボーンフォトを撮影できるか調べてみた

妊婦さんのためのハーブティーを飲んでみた

【ほほえみプレママブレンドの口コミは?】妊娠中でも飲めるノンカフェインのハーブティー