国内旅行

【金沢】石引パブリックは運命の1冊に本に出会えるブックカフェ

こんにちは、北陸だいすきブロガーエナガサトミ(@enagasatomi)です。

2018年5月下旬、夫と北陸地方に旅行へ行きました。2日目のこの日は別行動!

わたしが訪れたのは石川県金沢市・石引地区。
ミナペルホネン金沢目当てで初めて行った地域でした。

あわせて読みたい
ミナペルホネン金沢 大正生まれの日本家屋を改装したギャラリーのようなショップこんにちは、持ち物にはとことんこだわりたいブロガーエナガサトミ(@enagasatomi)です。 物語のあるものが好き。 せ...

せっかく金沢21世紀美術館から歩いて20分ちょっとかけて行ったので、この地域でオススメの場所をスタッフさんに尋ねました。

そこで、「ミナペルホネンがおすすめする金沢のショップマップ」をいただきました。

エナガサトミ
エナガサトミ
ミナがおすすめするなんて、絶対すてきなお店だろうな・・・

そのマップに掲載されていたのが、今回紹介する「石引パブリック」さんです。

石引パブリックは、ハイセンスな本とレコード、くつろげるカフェが併設されたブックカフェでした。

ミナペルホネン金沢から徒歩5分ほど 店頭には是枝裕和監督の著書が

石引パブリックは金沢の中心地からちょっと離れた「石引商店街」の中にあります。

金沢大学医学部付属病院の近くで、金沢駅からバスで14分ほど。

昔ながらの商店街ですが、オシャレなお店もちらほらありました。

石引パブリック
こちらが石引パブリックの入り口。

第71回カンヌ国際映画で、「万引き家族」がパルムドールを受賞した是枝裕和監督の著書が飾ってあります。

古本
お手頃な価格の古本も販売されていました。

タピオカチャイ
掲げられた看板には、わたしの好きな「タピオカチャイ」が・・・!

これを注文しようと決め、いざ店内へ。

ドアは開かれており、オシャレなお店特有の入りにくさはありません。

スポンサーリンク

石引パブリックの店内に入るとすぐに大きな本棚が現れる


店内に入るとまず目に留まるのが、壁一面の大きな本棚。

アートの専門書などが所狭しと並んでいます。
表紙映え、タイトル映えする作品がずらり。

1冊ずつ平置きされており、心を込めて選書してあることがわかります。
どれも知らない本ばかりでドキドキしました。

店内にはカフェスペースがあり、定期的にワークショップやイベントが開催されているようです。

本だけではなく、人との出会いもあるお店なんですね。

スポンサーリンク

石引パブリックのカフェはWi-Fiも使える

お店の奥にはドリンクとスイーツを提供するカウンターがあります。

わたしは窓際の席に座ってお目当てのタピオカチャイをいただきます。

タピオカたっぷりで飲みごたえあり。
甘さが控えめで、食べすぎたわたしにうれしいお味でした。

Wi-Fi完備なのでブログもちょっと執筆。

席数が少ないので長時間居座るのはやめましょう。
(と言いながら小一時間居座ってしまいました。居心地よかった・・・!)

本を購入してここでゆっくり読みたくなります。

レコード

レコードの販売あり。視聴コーナーがあるので、聴いてから購入することができます。

スポンサーリンク

お気に入りの本に出会える

店内をぐるっと見て、私が手に取った1冊はこちら。

created by Rinker
¥535
(2018/08/15 01:40:02時点 Amazon調べ-詳細)

チェコの出身の作家カレル・チャペックの「園芸12ヶ月」です。

ちょうど夫が我が家の庭造りに励んでおり、中身が面白そうだったので購入。
この本がわたしの方を見ていて目が合った気がしたのです。

大きな書店だと、お目当ての本を探すので精一杯。こういうこぢんまりとした旅先の書店で、運命の1冊に出会えるのほうれしい体験です。

スポンサーリンク

ミナペルホネンとセットで再訪したいブックカフェ「石引パブリック」

小さいお店でしたが、ついつい長居してしまいました。

ハイセンスな本とジャズが流れる店内。カフェスペースはお友だちと利用してもいいですね。

近所にこんなブックカフェがあったらいいなあと思わせてくれる素敵なお店でした。
また金沢に来たらミナペルホネンとセットで立ち寄りたいです。

石引パブリック

〒920-0935
石川県金沢市石引2丁目8-2 山下ビル1F
営業時間 11:00〜19:00
定休日 毎週日曜・月曜
電話・FAX 076-256-5692
駐車場 お店裏通りに1台有り
HP

あわせて読みたい
【スポックシューズ】元靴屋店員が毎日履いてしまう本当の理由 こんにちは、元靴屋店員の エナガサトミ(@enagasatomi)です。 わたしは靴が好きです。 靴好きすぎて、学生時代...
ABOUT ME
エナガサトミ
エナガサトミ
長距離通勤・変則勤務で体調を崩しフリーランスに転向。働きすぎる夫と二人暮らし。家族みんながしあわせに生きていくのが目標。 ▶︎エナガサトミの詳しいプロフィール ▶︎Amazon欲しいものリスト