バーミキュラ愛用者の正直レビュー・デメリット

PAPERANGのメリット・デメリット インクのいらないコンパクトプリンター(PR)

この記事で紹介するPAPERANGはファインテック株式会社様から商品を提供していただきました。

プリンタが欲しいけど、大きいサイズは置く場所がないし、ランニングコストがかかる・・・
ちょっとしたメモを印刷できるプリンタが欲しいな

こんな悩みにお答えします。
わたしがオススメするのは、Bluetoothでスマホと接続できるPAPERANGというコンパクトプリンター。

【PAPERANG】やっとめぐり逢えた理想のコンパクトプリンター

さかのぼること2018年1月、どうしてもこのプリンターが欲しくて中国の通販サイトBanggood経由で購入しました。
気に入ってしばらく使っていたのですが、アプリのアップデートにより、日本では使用できなくなったのです。

もうPAPERANGを使うことを諦めていたその時、なんとファインテック株式会社様から国内で使用できるPAPERANGを提供していただきました。

本記事では、「PAPERANGを改めて使ってわかったメリット・デメリット」をお伝えします。

これから購入をする方は、日本で使えない並行輸入品を買わないように気をつけてください。

正規取扱店一覧はこちら

PAPERANGのメリット

数ヶ月ぶりに使ったPAPERANG。ガジェットや文房具が好きな人にはたまらないアイテムです。

まずはPAPERANGのメリットからお伝えします。

PAPERANG

インクを使わない

通常のプリンターはインクが何本も入っていて、それぞれの色がなくなるたびに交換する・・・という手間とお金がかかります。

感熱紙に印刷するPAPERANGはインクを使いません。消耗品は感熱紙のみです。

手のひらサイズで持ち運びができる

PAPERANGは本体の重さが160gと非常に軽量で、持ち運びができるサイズです。出先で友だちと使っても楽しそうですね。

自宅に置いていても場所を取らないのも嬉しいポイントです。

素早い動作性

コンパクトプリンター

PAPERANGで印刷する方法は下記のとおりです。

  1. 本体の左上にあるボタンを押して電源をつける
  2. スマホのアプリを立ち上げ、Bluetoothで接続する
  3. アプリから印刷したいものを選んで印刷ボタンを押す

たったこれだけで印刷することができちゃいます。とても簡単で、動作も早いので思い立ったらすぐに印刷することができます。

To Doリストを印刷するとこんな感じです。

ちょっとしたメモを印刷できる

PAPERANGのデメリット

続いて、使ってみてわかった「PAPERANGのデメリット」をお伝えします。

ガジェット

モノクロしかできないので写真を鮮明に印刷できない

感熱紙に単色印刷しかできないので、カラーで印刷することができません。

実際に写真を印刷するとこんな感じ。

プリンター

長い文章の印刷には向いていない

レシートサイズの感熱紙に印刷されるので、長文を印刷しようとすると、とんでもない長さになってしまいます。

個人的にはTwitterの140字くらいがちょうどいいので、ツイートをよく印刷しています。お役立ちツイートは後から読もうと思っても忘れてしまいがち。PAPERANGならその場ですぐ印刷することができます。

Twitterのアプリから直接印刷することができないので、ブラウザでTwitterを開くか、スクリーンショットを印刷しています。

かわいいプリンター

スクリーンショットでも文字がはっきり写りますね。いらない部分をトリミングすると感熱紙の節約になります。

専用の感熱紙を買わなくてはいけない

おしゃれなプリンター

PAPERANGは専用の感熱紙を使います。

通常のプリンターで使うコピー用紙のように、なくなったから近所のお店で買ってこよう・・・ってことができません。

ついつい夢中になって印刷していて、感熱紙がなくなっちゃった!とならないように予備を買っておきましょう。

おわりに

メリット・デメリット、どちらもあるPAPERANG。

  • 大きなプリンターではなく、スマホから簡単に印刷したい
  • Twitterのツイートを印刷したい
  • 文房具やガジェットが好き!

こんな人にオススメの商品です。

中国版を購入してしまうと日本では使えないので、国内正規販売店から購入してください。

それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした。