音楽

ポンキッキーズを見た7歳児はオザケンとピエール瀧に恋をした

こんにちは、エナガサトミ(@enagasatomi)です。

本日、2018年3月25日にフジテレビ系列の子ども向け番組 ポンキッキーズが最終回を迎えました。
なんと1973年4月以降リニューアルされながらほぼ継続的に放送されいたというから驚きです。

そんな国民的長寿子ども向け番組のポンキッキーズには、1987年生まれのわたしもお世話になりました。

今回はわたしの原点と言っても過言ではない、ポンキッキーズがわたしに与えた影響についてお話しします。

ポンキッキーズを見た7歳児はオザケンとピエール瀧に恋をした

ポンキッキーズは音楽が素晴らしい

ポンキッキの音楽で番組内で流れた音楽がすごく良かったんです。

アラサーの皆さんは、このアルバムを聴いてください。
ポンキッキーズを見ていた人なら、今でも口ずさめる曲が何曲もあるはず!

我が家に音楽が好きな人はいませんでしたが、ポンキッキーズを見ていたわたしは、ある二人の男性のことが気になっていきます。

その二人とは、小沢健二とピエール瀧です。

おならの歌のオザケンとひふみよで会えた

わたしは、オザケンが番組内で歌っていた「おならで月まで行けたらいいな」という曲が大好きでした。
もちろんオザケンという人物は知りませんでした。

おならの歌から約20年後、
2010年に、小沢健二ライブツアー「ひふみよ」でオザケンの生パフォーマンスを観た時は感動しました。

保育園児の時から、わたしの感性は間違ってなかった。そう思った瞬間でした。

しょんないピエール瀧のことが好きだ

今や俳優としても大活躍中のピエール瀧もポンキッキーズに出演していました。
スチャダラパーのBOSEや、安室奈美恵、鈴木蘭々と出ている人全員が好きだった。

その中でも瀧が一番面白かったし、こんなやばい大人がいるんだった思った。

瀧のことは今でも好きです。
いつか電気のライブ行きたい。

このアルバム大好き。こんなおっさんになりたい。

ありがとう、ポンキッキーズ!ちなみにわたしはガチャピンに似てます

ありがとう、ポンキッキシリーズ!
幼少期に見続けていたら、こんな様子のおかしい大人になりました。

きっとわたしが楽しく面白い音楽が大好きなのは、ポンキッキーズの影響が大きいと思います。

ちなみにわたしはガチャピンに似ているとよく言われます。
眠そうな目と前歯が出ているからですか?そうですか。
みんなに愛されるキャラクターってことで、褒め言葉として受け取っています。

それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした。

ABOUT ME
エナガサトミ
エナガサトミ
長距離通勤・変則勤務で体調を崩しフリーランスに転向。働きすぎる夫と二人暮らし。家族みんながしあわせに生きていくのが目標。 ▶︎エナガサトミの詳しいプロフィール