バーミキュラ愛用者の正直レビュー・デメリット

洗面所をシンプルで使いやすくするために取り入れた3つのアイテム

こんにちは、エナガサトミ(@enagasatomi)です。
自他共に認めるズボラな人間なので、できるだけシンプルに生きられるように奮闘中です。

https://www.instagram.com/p/BtuGBshnnYA/?utm_source=ig_web_copy_link

今回改善したのは、毎日使う『洗面所』です。

今まであるものをとりあえず使っていましたが、統一感を持たせるためにいくつかのモノを買い替えました。

この記事でわかること
  • 洗面所をシンプルにするために取り入れた3つのアイテム
  • シンプルな洗面所のメリット

ごちゃごちゃした洗面所まわりをスッキリさせたい人、ぜひ参考にしてみてください。

洗面所ビフォーアフター

ビフォー

洗面所
我が家の洗面所は収納がほとんどありません。なので必然的にモノが出しっぱなしになります。

できるだけ余計なモノを置かないように心がけていましたが・・・

  • 歯磨き粉が直置き
  • コップや歯ブラシ立てに汚れがつきやすい
というプチストレスがありました。

アフター

シンプルライフ

3つのアイテム+ハンドソープもおしゃれでシンプルなデザインに変えて、シルバーの水栓と統一感が出るようにしました。

洗面所をシンプルにするために買い替えたアイテム

今回買い替えたモノは下記の3点です。価格は全て1,000円以下。気軽に取り入れることができるアイテムばかりです。

歯ブラシ

今までは夫婦2人で気が付いた時に安い歯ブラシを買っていました。交換時期も定まっておらず、なんとなく毛先が広がってきたら買うことにしていたのです。

しかし、今回初めて歯ブラシをまとめ買いしてみました。
買ったのはこちらの歯ブラシ『タフト24』です。

タフト24のいいところ

  • 歯科医推奨
  • 日本製
  • 価格が安い
  • デザインがシンプル
  • ヘッドが小さく口が小さい女性でも奥まで磨きやすい

本体の色は複数ありますが、今回は白に統一しました。
自分の歯ブラシにはラベルライター ダイモでその月の数字のシールを作って貼っています。

https://www.instagram.com/p/Btb8ywfHNvR/?utm_source=ig_web_copy_link

まとめて買えば、1本100円以下でお得です。

ダイモについては、YouTubeでも紹介しています。

歯ブラシ立て

歯ブラシ立ては、一人暮らしの頃から無印良品のモノを使っていました。

シンプルなデザインで気に入っていたのですが、底や中に水垢がつきやすく、意外とお手入れがめんどくさいのがプチストレスだったのです。

そして今回新調したのはこちら。

レックというメーカーの歯ブラシ立てです。

レック 歯ブラシスタンドのいいところ

  • 価格が安い
  • ステンレス製で手入れがしやすい
  • シンプルなデザイン
  • 最大歯ブラシ6本、歯磨き粉2本を立てることができる
  • コップを引っ掛けられる

ちょうど歯磨き粉2本を使い分けていたので、このスタンドにおさまってスッキリしました。

コップ

今まで使っていたのはIKEAの派手な緑色のプラスチックカップ。
歯ブラシ立てに合わせてステンレス製にしました。

手の平におさまる小さめサイズのコップですが、口をゆすぐには十分です。

使い終わったら歯ブラシ立てに引っかけておけば、直置きしなくていいのが嬉しいポイント。底が汚れにくく、自然乾燥させやすくて気に入っています。

シンプルな洗面所のメリット

洗面所をシンプルなアイテムで揃えて気付いたメリットが2つあります。

掃除がしやすい

洗面所は家族全員毎日使いますが、水回りなので汚れやすい場所でもありますよね。

シンプルな洗面所なら、気づいた時にサッと拭いていつでも綺麗を保つことができます。

歯ブラシの替え時がわかりやすい

今までなんとなく時期がきたら交換していた歯ブラシ。

シールを貼って管理することで、毎月変え忘れがなくなります。いつでもしっかりと磨ける歯ブラシを使えるのは嬉しいものです。

家中スッキリ化計画を実行しています

https://www.instagram.com/p/Bt0fFZSHzbE/?utm_source=ig_web_copy_link
今年の初夏に第一子が生まれる予定です。

散らかった部屋を見て、「家を整えるなら今しかない!」と一念発起し、スッキリとしたお家を目指して奮闘しています。

『ズボラでめんどくさがりだからこそ、シンプルな暮らしがしたい!』と試行錯誤中です。Instagramで日々のことを更新しているので、よかったらフォローしてください。

それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした。