コスメ・ケア

若白髪で美容院に行くのが恥ずかしい人へ自宅でできる3つの髪のケア

最近白髪がちらほら出てきちゃって、気になるなあ・・・
美容院で染めてもらうのも恥ずかしい!

こんな悩みにお答えします。
こんにちは、若白髪に悩む31歳のエナガサトミ(@enagasatomi)です。

エナガサトミ
エナガサトミ
美容院ではいつも「白髪が目立たないようにカットしてください」とお願いしています

しかし!
カットだけではやはり限界があります。目立たなくして・・・とお願いしても、白髪は全体的に生えてくるもの。ロングヘアーなのでなおさら目立ちます。

美容院で白髪染めも提案されましたが、頻繁にカラーをしたら髪の毛が痛むし、出費もかさむ・・・すでにパーマをかけて、カラーをしているわたしの髪はかなりダメージを受けています。

そこでわたしは自宅でできる3つのことを実行しました。

  1. 頭皮をマッサージする
  2. 髪の毛にいい食事を取る
  3. カラートリートメントを使ってみる

どれも自宅で簡単にできることです。

年齢が若いのに白髪があって悩んでいる人、ぜひ参考にしてください。

若白髪対策1:頭皮をマッサージする


「頭皮が凝り固まってますね〜」

実際に美容師さんに言われた一言。自分ではなかなか気づけませんでした。普段パソコンを使用する時間が多いのが原因のようです。

「自宅でも簡単にできますよ」

と頭皮マッサージをオススメされました。やり方は簡単で、指の腹を使って頭皮が動くようにマッサージをします。たったこれだけ。

最初は自分で触っていても、頭皮が凝り固まっているのがわかります。マッサージをすると、血行がよくなってスッキリするので、長時間スクリーンを見続けている人はぜひ実践してみてください。

頭皮に張り巡らされている毛細血管の働きが活発になり、白髪を予防できるそうです。お風呂で髪の毛を洗うときの習慣にしたいですね。

最初は1〜2分程度、自分が心地よく感じる範囲でやってみましょう。強くやりすぎると、地肌や髪を痛める原因になります。

若白髪対策2:白髪になりやすい食べ物を避け、バランスの良い食生活を送る


白髪になりやすい食べ物は、下記のようなものがあります。

  1. 塩分の多い食べ物・・・現代人は塩分を取りすぎです
  2. 糖分の多い食べ物、飲み物・・・甘いジュースばかり飲んでいませんか?
  3. 高脂肪の食べ物・・・血液がドロドロになり血行が悪くなります
  4. 身体を冷やすもの・・・冷たいもの、カフェインの採りすぎは身体を冷やします
  5. 食品添加物・・・原材料の項目を見て、自分が何を食べているのか確認しましょう

体の血行が悪くなり、それが白髪をつくる原因になります。いわゆる生活習慣病を予防するために上記の食べ物を過剰に摂取するのは控えましょう。

また、バランスの良い食事は生活習慣病の予防になり、白髪の予防にも繋がります。

厚生労働省が推奨しているバランスの良い食事は下記のとおりです。

厚生労働省

あなたはイラストのような食事を取れていますか?
忙しい現代人、コンビニやファーストフード店で簡単に食事がとれてしまう時代です。それでも今の自分、未来の自分のために、食事には気をつけるべきだと感じています。

エナガサトミ
エナガサトミ
偉そうなことを言っておきながら、わたしは・・・こんなにバランスの良い食事はとれていません!
これを機に食生活も見直します

スポンサーリンク

若白髪対策3:カラートリートメントを使ってみる

カラートリートメントは最近わたしが実際に試してみました。

  • 美容院で白髪染めをしてもらうのが恥ずかしい人
  • 時間やお金がなくて、小まめに美容院に通えない人
  • 白髪染めで髪にダメージを与えたくない人

こんな人にオススメです。
わたしのカラートリートメント使用前後はご覧のとおり。

かなり色が落ち着き、カラーで痛んだ髪にもまとまりが出てきました。ただ染めるだけではなく、しっかりとケアしてくれるカラートリートメントは若白髪に悩む人こそ使ってもらいたいアイテムです。

お風呂でトリートメント感覚で使えるし、カラー特有のツンとした匂いはなし。頭皮もヒリヒリしないので、皮膚の弱い人にもオススメです。
※使用前に必ずパッチテストを行ってください。マイナチュレカラートリートメントなら、使用後でも返品可能です。

まとめ 若白髪を目立たなくする方法はあります

若白髪の原因は、遺伝やストレスもあるので完全になくすことはできません。しかしすぐに始められる方法で、白髪を目立たなくすることはできます。

  • 頭皮をマッサージする
  • 食生活を変えてみる
  • カラートリートメントを使ってみる

この記事を最後まで読んでくれたあなたは、藁にもすがる思いだと思います。わたしもそうでした。

髪の毛は人の印象を大きく左右するパーツです。悩みすぎてストレスになり、それが白髪の原因になってしまっては元も子もないので、まずは自分のできることから実践してみましょう。

この記事が参考になったらシェアしてもらえるとうれしいです。
それでは、エナガサトミ(@enagasatomi)でした!

ABOUT ME
エナガサトミ
エナガサトミ
長距離通勤・変則勤務で体調を崩しフリーランスに転向。働きすぎる夫と二人暮らし。家族みんながしあわせに生きていくのが目標。 ▶︎エナガサトミの詳しいプロフィール ▶︎Amazon欲しいものリスト